太陽熱を採りいれ 築45年の家が快適で活動的な住まいに -稲城市T邸

築45年の木造住宅は、老朽化が進み、冬場の底冷えなど支障も目立ち始めていました。
しかし、完全に取り壊してしまうのは「もったいない」との判断から、全面リフォームを施すことに決定しました。

高田工務店のリフォームにおける基本方針は、「耐震、断熱、デザインのバランスをとること」。

柱や梁を現在の耐震基準に合わせて補強するとともに、基礎も補強して耐震性を確保。
あわせて、底面に土間コンクリートを施工し、それを蓄熱層として、隣接する作業場の屋根に設置した太陽熱の集熱パネルからの熱を活用して、床暖房できるようにしました。
それとともに、壁や屋根にも断熱材を入れ直し、サッシをペアガラスにして、断熱性を高めました。
間取りでは、家事動線を重視して、以前のダイニングキッチンをキッチン専用に独立させたうえで、隣接するダイニング、奥にある洗面室・洗濯機置き場へと通り抜けられるように。

温熱環境や生活動線が改善され、より活動的に、より健康的に暮らせる住まいに生まれ変わりました。
リフォームのプランを考えることは、住まう人の暮らし方を見つめ直すことでもあります。

高田工務店webサイトへようこそ!

 高田工務店では、ハウスメーカーが作る既成の家とは違う角度から、お客様の理想の家=居住空間を創り上げるためのご提案をさせていただきます。
 自然素材を中心とした家づくり。長きにわたって現場で培われた職人の技。そして、設計から施工までを一貫して行う安心感は、きっとお客様にご満足していただけるものと考えています。
 新築、リフォームなど住まいのことに関してはお気軽にご相談ください。